月別アーカイブ: 2019年6月

テストのおバカ回答に大笑い

はじめまして、大阪府在住のミホです(*´-ω-))
先月夫と温泉旅行へ行ってきました。その時にお土産を買うために道の駅に寄ったんですけども、突然見知らぬ男性が寄ってきておめでとうございますというのです。何のことかと思っていると、その施設の1億人目の訪問者ということで祝福していただきました( *?ω?* )自分の人生でこんな素晴らしいことが起こるなんて思っていなかったので、びっくりΣ(゚艸゚〃)楽しい温泉旅行になったことは言うまでもありません(´▽`)
たまにネットや雑誌に事例が紹介されてますが、見る度に笑っちゃうのがテストの珍回答、おバカ回答のたぐい。あれね、バカだな~~って苦笑したりもしますけど、中にはすっごいセンスあるなって感心しちゃうようなのもあるんですよね。私が先生だったら、その扇子にハナマルをあげたい、みたいなの。
たとえば、家庭科のテストだったのかなあ、「冷凍食品ばかりの食事で不足がちになるものは何でしょう」っていう問題に対して「愛情」って回答した子。これ、正解にしてもいいじゃない!って思っちゃった。大正解でしょ。家庭科でそこを教えないでどうするとまで考えちゃった。ほかにも「no smoking」を日本語に訳せという問題に「横綱がいない」とか、ホント、笑っちゃう回答ばかり。面白かったわー。こういう回答ができる子って、案外学校出たら何かの才能を発揮して伸びていくんじゃないかって思いますよ。すてき(笑)
うちの子どもたちは四角四面というか、杓子定規というか、枠をはみ出した発想って持ちにくいタイプなので、こういう自由な発想ができる子ってうらやましいですけどね-。でも、どうだろ、親御さんは困っているのかな(笑)まあ、模範解答からは程遠いけど、我が子のセンスを誇るくらいの感覚でいいかもしれませんよねー。